※「Google マット・カッツ発言」で、検索してください。
【親和性】ブログ感覚、ワープロ感覚で、自分で簡単にページ更新できますので、不慣れな方でも扱いやすい。
【ユーザビリティー】スマホやタブレットでも見てもらえるレスポンシブデザインは、SEOに有利で、若年層を中心にユーザーが50%増えます。
【動的優位性】SEOは、マラソンと同様に、走っている(動的)先行者を単なるHTML(静的)では、追いつくことはできません。同業他社が、SEOで先行している場合、追いつくためには、自分も走る(動的)必要があります。
HTMLサイトの場合の検索ボットの不定期なクローラーに対して、WPは、更新情報を自動発信することで、即時に反映される強みを持っています。
【高機能】6千を超えるデザイン、5万を超えるプラグインを利用できるので、リーズナブルに多機能化、高機能を実現できます。
【機密性】セキュリティーの進化速度が速く、強力。
【発信力】Q&A、お悩み、スタッフ情報、業界の動向、日々の仕事の内容などを画像や文章で公開することで、見る・読むお客様に楽しんでいただくと同時に、サービスのファンを作り、敷居を低くするオウンドメディアという活用法です。最新のWEBディレクションは、LINE、FaceBook、インスタ等のSNSが、情報拡散に欠かせないツールとなっています。
そのSNSを最大に生かせるのは、WPのシステムです。
【リーズナブル】世界的規模で、多くの優秀な人材が、よりよいCMSに昇華させる努力をしている。技術者が多く、多彩な選択肢があり、最適価格を見つけられる。